紀友則

紀友則
きのとものり

平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。紀貫之のいとこ、またはおいとも伝わる。少内記、大内記など歴任。貫之らと『古今和歌集』の撰者の一人となったが、完成以前に没。歌は勅撰集に多数入り、後に編集の家集『友則集』がある。生没年不詳

「京の用語集」一覧に戻る