木戸孝允

木戸孝允
きどたかよし

幕末・維新の政治家。通称桂小五郎。明治維新三傑の一人。長州藩出身で、吉田松蔭門。坂本龍馬の尽力で西郷隆盛らと薩長連合の盟約に成功、討幕の中心として活躍。維新後は版籍奉還、廃藩置県を推進。上京区土手町通竹屋町上ルの邸宅で没。邸宅跡に立札。また同区東三本木通丸太町上ル大和屋旅館(旧吉田屋)に桂小五郎の隠れ部屋、地下道。妻松子は三本木の元芸妓幾松。墓は東山区、霊山。1833(天保4)~1877(明治10)

「京の用語集」一覧に戻る