木曽義仲

木曽義仲
きそよしなか

平安末期の武将。源義賢の2男で、父が殺されたのち信濃(長野県)木曽谷で育つ。以仁王の令旨で挙兵、平氏を討って入京。源頼朝、平氏と並び全国を三分したが、後白河法皇と反目し、源義経らの軍に追われ、近江(滋賀県)粟津で戦死。東山区、京都霊山護国神社参道の、東大路東入にある朝日塚がその首塚という。墓は大津市、義仲寺。1154(久寿1)~1184(元暦1)

「京の用語集」一覧に戻る