狩野探幽

狩野探幽
かのうたんゆう

江戸前期の画家。京都生まれ。永徳の孫。徳川幕府の御用絵師となる。将軍家光が後水尾天皇の行幸を迎えるための二条城修築のとき、障壁画を制作。京都御所造営、内裏再興にも加わり、紫宸殿の賢聖障子を描いた。大徳寺、妙心寺などに作品が伝わる。1602(慶長7)~1674(延宝2)

「京の用語集」一覧に戻る