海北友松

海北友松
かいほうゆうしょう

安土桃山期の画家。近江(滋賀県)生まれ。父は浅井家の家臣。少年期、京都に入り、東福寺の喝食(かっしき)となる。のちに専門画家となり、主に京都で活躍。水墨、彩色ともに独自の画境を開拓。遺作は建仁寺の方丈障壁画、妙心寺所蔵の「三酸図」「牡丹図」など多い。墓は左京区、真如堂。1533(天文2)~1615(元和1)

「京の用語集」一覧に戻る