小野篁

小野篁
おののたかむら

平安初期の官僚で学者・文人。『令義解』選修に参画。遣唐副使に任命されたが、病気と称して乗船しなかったために隠岐島に配流。のちに、参議に栄進。漢詩、和歌にすぐれ『和漢朗詠集』などに入集。篁が冥府に通った伝説が六道珍皇寺(東山区)、千本釈迦堂(上京区)にある。北区堀川通北大路下ルに墓と伝える墳丘。802(延暦21)~852(仁寿2)

「京の用語集」一覧に戻る