日本酒

日本酒
にほんしゅ

良質の地下水と酒づくりに適した気候風土に恵まれた京の酒の歴史は古く、平安時代(8末~12世紀)には、大内裏(だいだいり)に「造酒司(みきのつかさ)」が設けられ、高度な技術で酒づくりが行われました。やがて、その技は洛外(らくがい)の地域へも広まり、安土桃山時代(16世紀)に豊臣秀吉によって伏見城が築城されてからは、次第に伏見の酒造家が増え、今日の銘醸地としての基盤が整いました。明治以後は、東海道線の開通などによって全国に向けて販売されるようになり、日本の二大酒どころとして知られるようになりました。

「京の用語集」一覧に戻る