御所人形

御所人形
ごしょにんぎょう

名産京人形の一つ。明治以前、朝廷が諸大名の献上品に対する返礼にしたのでこの名がついた。桐の木で丸々と肉づいた幼児を彫り、トノコを塗り、トクサで磨いて顔を描き、口に朱を入れる。江戸中期の創始で、出産の祝い、子授け祈顔の飾りに使われた。

「京の用語集」一覧に戻る