上村松園

上村松園
うえむらしょうえん

日本画家。女性初の文化勲章受賞。京都生まれ。京都府画学校に入り、鈴木松年に学び、その後、幸野楳嶺、竹内栖鳳に師事。1900年(明治33)院展出品の「花ざかり」で注目を浴びた。以後、多くの美人画の名作を生みだし、女流画家で初の帝国芸術院会員。墓は東山区、東大谷。1875(明治8)~1949(昭和24)

「京の用語集」一覧に戻る