西陣織

西陣織
にしじんおり

5~6世紀頃大陸から帰化した秦氏(はたし)が伝えた織物技術は、平安建都(794年)とともに官営の機織(はたおり)産業として繁栄します。西陣織の名称は、応仁の乱(1467~77年)後、戦乱を逃れていた織技術者たちが西軍本陣の跡付近で仕事を再開したことにちなんだものです。染めた糸を使って模様を織りだす西陣織は、伝統を生かしながら、常に新しい技術の開発を行ってきました。現在では、西陣で織れないものはないといわれるほど多様な織物を生み出しています。

「京の用語集」一覧に戻る