一遍

一遍
いっぺん

鎌倉中期の僧。時宗の開祖。伊予(愛媛県)生まれ。熊野権現で神託を受け、念仏札を配る賦算(ふさん)で全国巡歴、踊念仏を行った。京都では京極釈迦堂、薬師堂、六波羅蜜寺、市屋道場などで教化。巡歴に従う念仏集団を時衆と称した。兵庫和田崎で没。伝記絵巻『一遍聖絵』などがある。1239(延応1)~1289(正応2)

「京の用語集」一覧に戻る