出雲阿国

出雲阿国
いずものおくに

江戸初期の女性芸能人。歌舞伎の創始者という。出雲大社の巫女(みこ)と名乗ったが、不明。奈良春日社若宮拝殿、京都近衛殿で「ややこ踊」を演じたという。また京都で「かぶき踊」を上演、人気を集めた。江戸城でも興行。「かぶき踊」は洛中洛外図、絵草子に描かれた。生没年不詳

「京の用語集」一覧に戻る