和泉式部

和泉式部
いずみしきぶ

平安中期の女流歌人。父は大江雅致。橘道貞と結婚し、小式部内侍を生むが、為尊、敦道両親王とも愛し合う。中宮彰子に仕えた。藤原保昌と再婚。奔放な生き方と、情熱的な歌で有名。『和泉式部集』『和泉式部日記』がある。中京区新京極通六角下ル、誠心院の石造宝篋印塔は式部の墓と伝える。生没年不詳

「京の用語集」一覧に戻る