安国寺恵瓊

安国寺恵瓊
あんこくじえけい

安土桃山期の禅僧。安芸(広島県)生まれ。東福寺224世住持。塔頭、退耕庵主。毛利氏の外交僧として織田信長、豊臣秀吉との調停に尽力。豊臣政権で重用され、東福寺を修復、建仁寺方丈を建立。関ヶ原の戦いで西軍に加わって敗れ、京都の六条河原で斬首。墓は東山区、建仁寺方丈裏。?~1600(慶長5)

「京の用語集」一覧に戻る