足 袋

足 袋
たび

きものの装いに欠かせない足袋は、現在そのほとんどが機械による縫製となっています。しかし、和装産業がさかんな京都では、現在でも手づくりの足袋が伝統の技法でつくり続けられています。伸び縮みの少ない木綿の生地を使って、足にぴったりと沿う足袋に仕上げるには非常に高度な技術が必要とされます。手づくりの足袋の需要は減ってはいますが、機械縫製(ほうせい)にはない、はき心地のよさ、丈夫さで、根強い人気を得ています。

「京の用語集」一覧に戻る