竹工芸

竹工芸
たけこうげい

竹製品の歴史は古く、縄文時代にさかのぼるといわれています。京都の竹工芸品は平安時代(8末~12世紀)にはじまったもので、茶道具や華道用具そして室内装飾品など幅広い用途に用いられています。いずれも茶の湯文化と深い関わりをもち、桃山時代以降、技術的に、また産業としても大きな発展を遂げました。京都の竹工芸品の特色は、恵まれた京都の気候風土に育くまれた良質の竹材を用いて、竹そのものの持ち味を十分に生かす高い技術にあります。

「京の用語集」一覧に戻る