神祇調度 装束 工芸

神祇調度 装束 工芸
しんぎちょうどしょうぞくこうげい

明治維新まで、皇室のあった京都では、各種の式典・行事に事欠かず、さらに神社の神事も数多くあります。道具や衣装をつくる専門工芸が京都に古くから発達してきたことは当然とも言えます。神祇調度とは、いわゆる神具と呼ばれるもので、三宝や神殿などの木製の道具類のほか鏡、御簾(みす)、几帳(きちょう)、旗、幕、雅楽器などがそれにあたります。神祇装束は、宮中の装束や神主の衣服、各種の伝統的な式典や行事などに用いられる衣装全般をつくる工芸技術です。何れも、多品種少量生産で、しかも、伝統的な様式にのっとった品ばかりのため、手作りが大部分を占めます。

「京の用語集」一覧に戻る