登窯

登窯
のぼりがま

陶磁器焼成窯の一形式。傾斜面を利用し、長方形の窯を連続的に並べ、下の窯から焼成することにより次の窯が予熱され、多量の焼成に適する。京都の登窯は、明治五年の「京都陶磁器説」によれば三寸勾配をもち、土でつくった方八寸、厚さ四寸の重箱枕と、八寸に一尺四寸、厚さ四寸の大桁(おおげた)とで組み、周囲に土をかぶせ、下端の第一窯から第五窯までは幅が広くとってある。昭和四六年、大気汚染防止規制が実施されるまでは数多く使用されたが、現在では郊外の炭山(すみやま)陶芸村や朝日焼窯元に築かれる。市内では東山区の河井寛次郎記念館に一基保存。

「京の用語集」一覧に戻る