平安京大内裏

平安京大内裏
へいあんきょうだいだいり

平安京の大内裏は都の中央北部に配置されている。東西約1,169メートル、南北約1,394メートル、現在の一条通、二条通、大宮通、御前通に囲まれた広さをもつ。その内部には天皇の居所である内裏、国家的行事を行う朝堂院(八省院ともいい、大極殿はその正殿)、天皇の饗宴場である豊楽院のほか太政官、八省以下の諸官庁が配置された。まさに政治の中枢部。平安神宮の社殿は朝堂院を3分の2の規模に縮小して再現したもの。上京区千本通丸太町上ルに大極殿の跡を示す石碑。市バス千本丸太町すぐ。

「京の用語集」一覧に戻る