平安京

平安京
へいあんきょう

794年(延暦13)、桓武天皇により長岡京から平安京への遷都が発せられ、新京を東西約4.5キロ、南北約5.2キロのやや南北に長い長方形に区画し、その中央北部に大内裏、その南面中央の朱雀門から南にのびる朱雀大路により、東の左京と西の右京に分ち、その南端に羅城門が置かれる。また左京、右京にはさらに大小の道路で碁盤目状に区画され、条坊制をしく古代計画都市が生まれた。当時の大路、小路の名称が、現在の通り名に概ね生かされている。1869年(明治2)東京遷都に至るまでの帝都。

「京の用語集」一覧に戻る