つじ

一般的に道路が十文字に交差している所をいい、十字路・交差点のこと。京都には辻の名がつく名所があり、東山区松原通東大路西入、六道珍皇寺の門前を「六道の辻」と呼び、松原通の轆轤町と新シ町の間を南に延びる十字路をいう。また四条通と室町通の十字路近辺を祇園祭の「鉾の辻」、京都御所の東南角を「猿ケ辻」と称する。

「京の用語集」一覧に戻る