国際文化観光都市

国際文化観光都市
こくさいぶんかかんこうとし

京都市の冠称になっているが、典拠は、1950年(昭和25)制定の特別法「京都国際文化観光都市建設法」。戦災を免れた京都市を、世界の文化観光都市に育成する国の特別助成が法制化された。国会審議中に「文化」が挿入されたエピソードもあるが、この特別法により幾多の建設事業が促進された。

「京の用語集」一覧に戻る