京友禅

京友禅
きょうゆうぜん

白生地に、花鳥風月などの模様を染め上げる京友禅。その華やかさは京友禅の大きな特徴です。手描友禅と型友禅に大別されますが、手描友禅は、江戸時代中期(17世紀後半)に京都の宮崎友禅斉(みやざきゆうぜんさい)によって技法が大成され、友禅染の名前のもととなりました。型友禅は明治初期に京都の広瀬治助(ひろせじすけ)によって開発されたもので、模様を写し取った型紙を使って染める技法です。多くの工程を経てつくられる京友禅の華麗さは、わが国を代表する工芸品にふさわしいものです。

「京の用語集」一覧に戻る