雙ヶ岡

雙ヶ岡
ならびがおか

右京区御室双岡町にあり、標高116メートル。名勝指定。一の丘・二の丘・三の丘と順次低くなり、山腹に古墳群がある。周辺地は古くから天皇の遊猟地で、「徒然草」の兼好法師は二の丘西麓に住んだと伝え、一の丘東麓の長泉寺にその歌碑と墓がある。1966年(昭和41)に歴史的風土保存区域の指定も。市バス双ヶ丘下車すぐ。

「京の用語集」一覧に戻る