天王山

天王山
てんのうざん

乙訓郡大山崎町西の山。標高270メートル。淀川をはさみ男山に対する。1582年(天正10)豊臣秀吉と明智光秀が山崎で合戦、この山の占領を争い秀吉の手に帰した。のちに‘勝敗の分れ目’をいう。頂上から木津・宇治・桂の3川が淀川となる合流点を一望できる。いま山腹を名神高速道路のトンネルが貫く。JR山崎、阪急電車大山崎から北方。

「京の用語集」一覧に戻る