京焼・清水焼

京焼・清水焼
きょうやき・きよみずやき

京焼・清水焼は、京都でつくられるやきものの総称です。高い意匠力と多彩な技術とが、「土もの」と呼ばれる陶器と「石もの」と呼ばれる磁器の両分野で、あらゆる種類のやきものをつくりだしてきました。雄略天皇の時代(5世紀後半)にはじまったとされる歴史は、17世紀中頃に野々村仁清(ののむらにんせい)が華麗な色絵陶器を完成させて一つの頂点を迎え、その後も尾形乾山(おがたけんざん)、奥田頴川(おくだえいせん)、青木木米(あおきもくべい)といった多くの陶工が独自のデザイン・技法を生み出してきました。高度な技術力に基づいた華麗で雅やかなやきものです。

「京の用語集」一覧に戻る