高瀬川

高瀬川
たかせがわ

中京区木屋町通二条下ル付近から鴨川を分流し、鴨川と平行に南流、中京・下京・南区陶化橋付近で鴨川に注ぎ、東山区福稲から再び分水を経て伏見区へ貫流し宇治川に入る人工川。全長10キロ、幅7メートル。角倉了以が1611年(慶長16)開削。京都―伏見間の物資を輸送する舟運を盛んにした。森鴎外の『高瀬舟』の舞台。舟の荷物揚げおろしをする船溜(船入り)が9ヵ所あり川の起点の木屋町二条を「一之舩入」といい、石碑がある。国の史跡。

「京の用語集」一覧に戻る