桟敷岳

桟敷岳
さじきがたけ

北区雲ヶ畑の北西、右京区京北と境する山。標高895.9メートル。鴨川流域の最高峰。頂上からの展望がすぐれ、近年登山者がふえている。山名は惟喬親王(文徳天皇第1皇子)が山頂に高楼をつくり都を眺めたことにちなむ。

「京の用語集」一覧に戻る