衣笠山

衣笠山
きぬがさやま

右京区と北区の境にあり北山の一部で標高200.6メートル。絹(衣)掛山とも。古生層からなり、古代は葬送の地で山名は遺体を覆った布地が絹掛・絹笠であったことにもよるという。北山とも呼ばれ王朝時代からの行楽地。市バス立命館大学前下車北西。

「京の用語集」一覧に戻る