紙屋川

紙屋川
かみやがわ

北区鷹峯大谷町を源に南流し、西ノ京円町を経て太秦東南で御室川と合流、のち南区吉祥院で桂川に流入する。北野天満宮西付近から上流を紙屋川、下流を天神川とよぶが、現在河川法では上流から天神川と総称し全長14キロ余。川の名は平安期に、この川のほとりで禁裡御用の紙を漉いた紙座があったことに由来する。

「京の用語集」一覧に戻る