華頂山

華頂山
かちょうざん

東山区と山科区の境にある山。標高210メートル。花頂山・花鳥山とも。山のほとんどは、総面積20万平方メートルの境内をもつ知恩院である。昔は粟田口を押える軍事上の要衝。知恩院や青蓮院の後ろ山。桜の名所として有名。

「京の用語集」一覧に戻る