音羽山

音羽山
おとわやま

山科区小山北谷にあり、京都府と滋賀県の境をなす。北は逢坂山、南は醍醐山に連なり、標高593メートル。「古今集」など古来から多くの歌に詠まれた。山科の音羽は歌枕。支峰牛尾山にある牛尾観音は貴族階層の信仰を集めた。頂上直下のトンネルを東海道新幹線が走り抜ける。

「京の用語集」一覧に戻る