小倉山

小倉山
おぐらやま

右京区嵯峨亀ノ尾町にあり、大堰川(桂川)の北岸に位置し、南岸の嵐山と相対する。雄蔵山・小椋山とも。標高296メートル。東麓に嵯峨野が広がり、東北麓には化野がある。平安期の山麓は貴人の隠棲地。「小倉百人一首」の名は藤原定家がこの地で撰集したことに由来。京福電車嵐山下車1キロ。

「京の用語集」一覧に戻る