江文峠

江文峠
えぶみとうげ

静原峠ともいう。左京区大原井手町・江文神社の南~同区静原間、東西約1キロの峠。標高324メートル。1174年(承安4)の日記「吉記」にも登場する古代からの重要路。現在、鞍馬~大原間のハイキングコースの一部になっている。京都バス城山下車2キロ。

「京の用語集」一覧に戻る