稲荷山

稲荷山
いなりやま

伏見区北部、伏見稲荷大社の東にある東山三十六峰南端の山。標高232メートル。一ノ峰・二ノ峰・三ノ峰と三つの峰があり、各峰に円墳がある。古くから神の降臨地とされていて、巡拝する全国からの参詣者で賑っている。

「京の用語集」一覧に戻る