有栖川

有栖川
ありすがわ

右京区嵯峨観空寺谷の渓流と広沢池からの水源が合流して桂川に注ぐ。斎川とも。全長7キロ。「徒然草」にも記され、また江戸期には灌漑用水として重要視され分水論争も起きた。「山州名跡志」は、有栖川は賀茂・紫野・嵯峨の3ヵ所にあり、紫野の有栖川については不詳としている。

「京の用語集」一覧に戻る