山越

山越
やまごえ

右京区中部の地名。広沢池の東にあり、周囲を鳴滝、嵯峨、広沢、太秦、音戸山に接する。京から嵯峨へ行く道路・千代の古道が、この地で山を越すことから地名となった。1931年(昭和6)京都市に編入。市バス山越一帯。

「京の用語集」一覧に戻る