八坂

八坂
やさか

東山区の東部、八坂神社を中心とした地域名。付近に高麗系渡来氏族・八坂造(やさかみやつこ)が居住していたことからこの名が生まれたとか。平安中期からは祇園御霊会の中心となり、江戸中期からは茶屋町として発展した。地域内に八坂の塔、八坂神社がある。市バス祇園・東一帯。

「京の用語集」一覧に戻る