壬生

壬生
みぶ

中京区の西南部一帯の地域の名。古くからわき水が多く、水生(みぶ)と書かれたことも。昔は京都近郊の農村地帯で、江戸期には壬生菜の産地として知られた。壬生狂言で有名な壬生寺もここにあり、同寺近くには近藤勇ら新撰組の屯所だった八木邸も現存している。水との関係で染色工場が多いのもこの地域の特徴。

「京の用語集」一覧に戻る