水尾

水尾
みずお

「みのお」「みずのお」ともいう。右京区嵯峨水尾町。愛宕山南西の谷沿いの幽谷の地。市街地から10数キロの辺地で、大宮人の隠れ里で知られ、花園天皇のころから柚子(ゆず)の産地として知られている。愛宕山登山口がある。1931年(昭和6)京都市に編入。JR保津峡3キロ。

「京の用語集」一覧に戻る