御陵

御陵
みささぎ

山科区北西部の地区の名。天智天皇の御陵があるのが地名の起源。地域内を安祥寺川が流れる。旧三条街道に沿って発展した町だが、1912年(大正1)に京津電車(現地下鉄東西線)が開通し急速に宅地化した。1931年(昭和6)京都市に編入。地下鉄御陵一帯。

「京の用語集」一覧に戻る