京袋物

京袋物
きょうふくろもの

装粧品(そうしょうひん)が一般に広く用いられるようになるのは、桃山時代(16世紀)以降のことです。紙入れ、たばこ入れ、風呂敷、手提げなどの京袋物は、江戸時代(17~19世紀)以降、京都のみやげものとして盛んに求められるようになりました。現在京袋物(きょうふくろもの)は、友禅染めなどの優れた生地によってつくられています。四季折々に新しい柄がデザインされ、気品のある形や色彩が特徴となっています。

「京の用語集」一覧に戻る