伏見

伏見
ふしみ

伏見区の中南部。桃山丘陵とその西ふもと一帯に広がる地域の名。日本書紀にも見えるが、延久年間(1069-74)に橘俊綱がこの地に山荘を造営して伏見殿と称したのが地名になったとも伝わる。良質の水がわくことから古くは「伏水」とも書いた。豊臣秀吉の伏見城築城後、長く政治、経済の中枢地となった。1929年(昭和4)伏見町を母体に市制を施行、2年後に京都市と合併した。

「京の用語集」一覧に戻る