深草

深草
ふかくさ

伏見区の北部、稲荷山の西南ふもとに広がる地域の名。多くの古墳が発掘されるなど古代から開けていた。小野小町の恋人、深草少将ゆかりの地でもある。近郷農村地帯だったが、1907年(明治40)陸軍第16師団が置かれてから活気づいた。JR稲荷、京阪電車深草一帯。

「京の用語集」一覧に戻る