花園

花園
はなぞの

右京区東部の一地域の名。北は一条通、南は丸太町通が通り、西は双岡に接する。花園天皇(1297-1348)が1335年(建武2)、出家してここに行宮を造営(のち妙心寺)したことから地名になったという。1931年(昭和6)京都市に編入。地域内に妙心寺をはじめ法金剛院やJR嵯峨野線(山陰本線)花園駅がある。

「京の用語集」一覧に戻る