京表具・表装

京表具・表装
きょうひょうぐ・ひょうそう

表具は表装とも呼ばれ、経(きょう)や書画を鑑賞に適するように裂地(きれじ)や紙を貼って裏打ちする技術として、仏教とともに中国から伝わりました。その後、掛軸、ふすま、額、屏風、巻物(まきもの)、画帖(がちょう)などへと表具・表装の世界は広がりを見せていきました。最近では洋風建築の室内装飾へも進出しているほか、文化財の修復といった分野でも、その高度な技術を発揮しています。古くから芸術や宗教の中心地であった京都が育んだ、独特の工芸といえるでしょう。

「京の用語集」一覧に戻る