西陣

西陣
にしじん

市街地の北東部。北区と上京区にまたがる広い地域の名。応仁の乱(1467-77)で、東軍の細川勝元に対して、西軍の山名宗全が堀川上立売付近に本陣を築いたことから地名となった。乱後、機業家集団「大舎人座」がここに住みつき織物の技術を競った。今も地域内では機織りの音が絶えず、ここで織られる伝統工芸品・西陣織は国際的に有名。

「京の用語集」一覧に戻る