鳴滝

鳴滝
なるたき

右京区の北部、御室の西にある近郊住宅地の名。地域を流れる御室川の渓流がこのあたりで滝のようになり、水音が遠くまで鳴り響いたので地名となった。天然の鳴滝砥石の産地として全国的に有名。1931年(昭和6)京都市に編入。市バス鳴滝本町西一帯。

「京の用語集」一覧に戻る