長坂口

長坂口
ながさかぐち

北区鷹峯から長坂を経て杉坂に至る丹波街道の登り口付近をいう。京の七口の一つ。古くからこの地にしばしば関所が設けられ、長坂口は近世になっても重要視された。

「京の用語集」一覧に戻る