常盤

常盤
ときわ

右京区・双岡の西方にある住宅地域の名。嵯峨天皇の子・源常(みなもとのときわ)の山荘があったのが地名になった。その後も多くの山荘や寺院が建ち寺侍が住んで村となった。歌枕としても知られる。1931年(昭和6)京都市に編入。市バス太秦映画村道一帯。

「京の用語集」一覧に戻る